東京都内で信頼できる会社設立代行サービス【法人成り・起業家サポート完全ガイド】

東京で会社設立、サポート会社選びから心構えまで徹底調査!

東京都内で信頼できる会社設立代行サービス » 【よくある質問】起業家が独立前に知るべき会社設立Q&A » 本当に1円で大丈夫?1円株式会社のメリットとデメリット

本当に1円で大丈夫?1円株式会社のメリットとデメリット

法改正によって資本金が1円からでも株式会社を設立できるようになりました。1円で株式会社を設立することにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。1円株式会社のリスクについて知っておきましょう。

1円株式会社とは

まずはこの「1円株式会社」とは何かという基本を押さえておきましょう。「1円」と言っても、本当に1円だけあれば株式会社を設立できるということではありません。

資本金1円で設立した株式会社

「1円株式会社」は、資本金1円で設立した株式会社のことです。

資本金とは、会社の持っている貯蓄のようなもの。会社の設立時などに出資者が支払ったお金であり、会社にとっては返済の必要のない貯蓄ということになります。

かつては資本金が1000万円以上なければ株式会社が設立できませんでしたが、法改正によって資本金1円からでも株式会社が設立できるようになったのです。

本当に1円だけ?設立にかかる費用

株式会社の設立のために必要なお金は、資本金だけではありません。資本金以外にも必要な費用がありますので、完全に1円だけで株式会社の設立が完結するということではないのです。

株式会社を設立するためには、資本金以外に以下のような「法定費用」が必要になります。

  • 登録免許税:15万円
  • 定款認証手数料:5万2000円
  • 定款印紙代:4万円

これらの費用を合計して約「24万2000円」を、株式会社の設立時に支払う必要があります。なお定款印紙代の4万円は「電子認証」にすることで0円にすることが可能です。

資本金は1円で済むとしても、このような法定費用は最低でも負担する必要があります。

何のため?1円で株式会社を作るメリット

では1円で株式会社を設立できるようになったことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

起業しやすい

基本的なメリットは、起業しやすくなったということです。

もちろん株式会社を設立しなくても、「個人事業主」として起業することは可能です。とはいえ「株式会社」として起業することにはいくつかのメリットがあります。

株式会社は多くの場合、個人事業主よりも信用力が高く、銀行からの融資を受けやすくなったり、取引先からの信用を得やすかったりなど、ビジネスを加速させるために有利に働くことがあるのです。

また節税対策の選択肢が増えることで、税金面で有利な場合があるというメリットもあります。

株式会社を設立しやすくなったことで、新しいビジネスのアイデアを持つ多くの人が、効率的に起業しやすくなったといえるのです。

消費税の免除が受けられる

これは1円株式会社のメリットというより「資本金が少ない株式会社のメリット」ですが、資本金が1000万円未満の株式会社は消費税の免除を受けられるという制度があります。

消費税の納税義務は、設立したばかりの会社にとって大きな負担となり、経営を圧迫する場合がありますが、特定の条件を満たした会社には、そのような負担が免除されるという仕組みがあるのです。

免除を受けるためには、資本金が1000万円未満という条件以外に、2年前の売上が1000万円以下であるということも満たす必要があります。

つまり売上が大きくなると免除が受けられなくなりますが、設立したばかりの会社は「2年前の売上」というものが存在しません。つまり1円株式会社は、設立から2年間は消費税がかからないのです。

毎年の売上が1000万円に満たない可能性が高いようなビジネスであれば、資本金を1000万円以下に設定することで節税ができます。

危ない?1円で株式会社を作るデメリット

資本金が1円で株式会社を設立しても、本当に大丈夫なのでしょうか?資本金が少ないということには、何らかのリスクはないのでしょうか。1円で株式会社を作ることの4つのデメリットを紹介します。

取引先の信用を得にくい

資本金が1円などの低い金額であるということは、会社の情報として一般に公開されます。株式会社として登記すると、所在地などの会社情報と共に資本金の額が公開され、だれでも閲覧できる状態になるからです。

資本金が少ないということが知られると、会社の信用を得にくくなるというデメリットにつながります。

会社の信用を得られるかどうかは、「クライアントを獲得しやすいかどうか」に関わってきます。もちろん資本金以外の面でアピールすることで、資本金が1円でも、クライアントを獲得できることもあるでしょう。

とはいえ資本金は、その会社の支払い能力や安定性を測る大きな要素であることは間違いありません。取引先からの信用を得るためには、資本金が大きい方が有利なのです。

融資を受けにくくなる

また会社の信用は、金融機関からの「融資の受けやすさ」にも関係します。

資本金の額は、金融機関が融資の審査をするための項目の一つです。資本金が1円ということは、融資の審査でマイナスに働く要素となります。資本金が少ないことで会社としての安定性や将来性がないと判断され、融資を断られる可能性があるのです。

もちろん他にも事業計画の内容など、さまざまな要素を考慮したうえで融資できるかどうかが審査されます。とはいえ資本金が少ないことが審査に不利に働くことは避けられません。

融資が受けられるかどうかは、ビジネスの成功に大きな影響を与えることがあります。融資を受ける可能性があるなら、1円で株式会社を設立することにはデメリットがあるのです。

人材が集まりにくい

資本金が少ない会社には、良い人材が集まりにくい可能性もあります。

前述のとおり資本金の額は公開されますから、人材募集に応募する人も、事前にそれを確認するでしょう。そして資本金が1円であることが分かると、「しっかりした会社ではない」「給料を払ってくれないかもしれない」などの不安を感じ、応募を辞退してしまう可能性もあるのです。

結果として優秀な人材がなかなか集まらないという事態になるというリスクがあります。

キャッシュフロー悪化に対応できない

資本金は、会社のキャッシュフローに大きく関係します。資本金が少ないとキャッシュフローの変化に対応できず、会社が不安定になりやすくなってしまうのです。

ビジネスにおいてキャッシュフローの悪化はつきものです。例えばクライアントからの大口の入金が遅れて、他の大きな支払いの期日が先に来てしまった場合、キャッシュフローがマイナスになり、一時的にお金が必要になります。

このとき資本金が多くあれば、それを支払いにあてられますが、1円の株式会社にはそのお金がありません。社長のポケットマネーを会社に貸したり、銀行の融資を受けたりなど、資金繰りに苦労することになります。

会社を設立して最初のうちは、報酬の入金日が何カ月も先で、しばらくは収益が全くないということもあり得ます。報酬の入金日までの運転資金としても、資本金が役立つのです。

このように資本金には「キャッシュフローの悪化に備える」という重要な役割がありますから、資本金が1円ということは、経営が不安定になりやすいというデメリットがあります。

1円株式会社を設立するなら専門家へ相談しよう

資本金1円で株式会社を設立できるということにはメリットがあります。起業しやすくなり、節税効果にも役立つ場合があるのです。

とはいえ1円株式会社には、この記事で解説したようなデメリットも多くあります。資本金は会社の信用に影響する要素ですから、よく検討しましょう。融資の必要性や、キャッシュフローなどをよく考えて、計画的に資本金の金額を決めることが重要です。

創業時にはさまざまな助成金などの制度を利用して、資本金を集めるという方法もあります。会社設立の専門家と相談しながら、長期的な視点で安定した会社を作るようにしましょう。

東京の会社設立代行会社おすすめ5選
東京の会社設立代行会社おすすめ5選