東京都内で信頼できる会社設立代行サービス【法人成り・起業家サポート完全ガイド】

東京で会社設立、サポート会社選びから心構えまで徹底調査!

自分で設立申請はできる?

Q:会社設立を自分自身でやることは可能か?

本ページでは、会社設立を自分で行うことはできるのかという疑問について、メリットやデメリット、心構えや注意点などを解説します。

不可能ではないが専門家の有効活用がベター

会社設立の手続きをご自分ですべて行うというのは、決して不可能ではありません。ただし、不慣れな事柄や手続きなどに、かなりの時間や手間暇を要することになります。そこまでして、ご自分ですべてをやることの意義が果たしてあるのかどうかを、考えた上で、それでもやりたいということであればよいですが、そうでないなら、その道のプロの協力を仰ぎ、空いた時間を他のことに有効利用するほうがよいかと思います。

そもそも、会社設立をすべてご自分で行いたいという理由には、自分の会社なのだから自分で作りたいという志や、法学部出身なので会社を設立するプロセスを実際に経験しておきたい、といった場合もあるでしょう。しかし、多くの場合は、会社を設立するための費用を少しでも節約したいというのが本音なのではないでしょうか?そして、実はその考えは、必ずしも正しくはないのです。専門家に依頼したほうが、却って安く済むという場合があることを、ぜひ知っておいてください。

依頼したほうが安くなる

会社設立をサポート会社に依頼するメリットとしては、電子定款が大きな点となります。会社を設立する際には、株式会社であれ合同会社(LLC)であれ、会社の事業内容の規約である定款を作成し、公証役場で認証を受けなければなりません。その際、書類の定款の場合には40,000円分の収入印紙が必要になりますが、電子約款なら不要となり、40,000円分の節約になります。

ちなみに、電子約款をご自分で作成しようとすると、必要な機器を揃えるだけで節約できる分を超えてしまうのに対し、専門業者に電子約款を依頼すれば10,000円程度。差し引き30,000円程度の節約になります。つまり、会社設立を一番安く上げるには、電子約款のみを専門業者に依頼するというやり方がよいのです。

専門家への依頼で負担軽減

なお、電子約款以外の各種作業や書類の準備、手続きなどをご自分でやるか否かについては、前述の通り、それだけの手間暇と時間をかけるかどうかです。参考までに、会社設立を自分で行ったという方が費やした時間は、少ない方で50時間程度、多い方は100時間というケースもあったそうです。それに対し、会社設立のサポート会社にフルサービスを依頼する場合、業者によって違いはありますが、概ね10万円前後というのが相場です。繰り返しになりますが、その分を節約してまで時間と手間を費やすか、専門家への依頼で負担を軽減し、その分の時間を有効活用するかは、ご自身の判断次第です。

注目!顧問契約とセットでお得に申請!安心の会社設立代行会社おすすめ5選