東京都内で信頼できる会社設立代行サービス【法人成り・起業家サポート完全ガイド】

東京で会社設立、サポート会社選びから心構えまで徹底調査!

電子定款とは

Q:電子定款の作り方はどうすればいい?

本ページでは、会社設立で費用の軽減にもつながる、電子定款の作り方や考慮すべき点などについての疑問について解説します。

ペーパーレスで作成できる電子定款とは

会社設立にあたっては、会社の業務内容や運営などについて定めた規約である定款を作成した上で、公証役場にて認証を受けなければなりません。そして、この定款は、従来からある紙で作成するだけではなく、昨今の時流により、電子式のペーパーレスで作成することができます。それが電子約款です。さらにはもうひとつ、電子約款を選択することで、会社の設立費用を節約できるという大きなメリットがあるのです。

電子定款で収入印紙が免除

そのカラクリはというと、紙の約款には40,000円分の収入印紙を貼り付けなければならないのに対し、電子約款であれば、この収入印紙が免除されるためです。そう聞くと、どなたでも電子約款にしようと思うのは人情ですね。しかし、そこには、ひとつのハードルがあります。ズバリ、電子約款を作成するための機器類を揃えなければならないという点です。

専用のソフトや機器が必要

必要なものとしてはまず、ウィンドウズ系でインターネットに接続されたパソコンと、wordもしくは一太郎といったワープロソフト類。これらは既にお持ちのものがあれば、そのまま利用することができます。一方、大きな出費となりがちなのが、Adobe社の、PDFファイルを作成するための「Adobe Acrobat(Standardまたは Professional)」というソフトウエアです。30,000円台半ばから50,000円台後半といった価格になっています。さらには「公的個人認証サービス」などの電子証明書とそれを読み取るためのICカードリーダライターなども必要になってきます。

サポート会社への依頼で40,000円もお得に

こうした機器類を既にお持ちの方はさておき、一から揃えるとなると、電子定款によって節約できる40,000円を超えてしまい、本末転倒ということになってしまいますね。しかし、だからといって、紙の約款で40,000円分の収入印紙代を払わなければならないのかというと、そんなことはありません。ずばり、会社設立サポート会社など、電子約款の作成を請け負ってくれる業者に依頼すればよいのです。会社によって多少の差はありますが、概ね10,000円程度で請け負ってくれ、結果30,000円程度の節約になるのです。もちろん、それだけでなく、不慣れな約款作りに関してもサポートしてもらえることを考えれば、会社設立に関するサポート会社への依頼がおすすめです。

注目!顧問契約とセットでお得に申請!安心の会社設立代行会社おすすめ5選