東京都内で信頼できる会社設立代行サービス【法人成り・起業家サポート完全ガイド】

東京で会社設立、サポート会社選びから心構えまで徹底調査!

HOME » 【よくある質問】起業家が独立前に知るべき会社設立Q&A

【よくある質問】起業家が独立前に知るべき会社設立Q&A

会社設立の前に、知っておきたいQ&A集

本カテゴリーでは、会社設立を行うにあたって、スムーズに事が運ぶよう、予め知っておきたいQ&Aをとりまとめてご紹介したいと思います。

会社設立というものは、誰しもがやるという類のものではありません。また、ほとんどの方が初めて経験するということになります。当然ながら、細かい手順やノウハウは、学ぶ必要がありますが、会社設立にあたって、先輩達が悩んだ事柄を予め知っておき、スムーズな会社設立に役立ててみてはいかがでしょうか。

Q:個人事業主と法人、どんな違いがあるの?

個人事業主は法人設立と比べ開業が簡単で、仮に事業が赤字となった場合でも個人事業主なら住民税を含めた税金の負担はありません。一方で、社会的な信頼や保証などは低いというのが現実です。個人事業主と法人化のメリット・デメリットをしっかり理解した上で、どちらを選ぶかが重要になってきます。

>>回答を見る

Q:合同会社のメリットとデメリットとは何か?

かつての有限会社に代わって、平成18年の法改正によって誕生したのが、合同会社(LLC)という方式。設立費用が比較的安く、会社の舵取りに自由が利きやすいといったメリットがある一方、広く出資者を募りたいという場合には不向きという側面もあります。

>>回答を見る

Q:会社設立を自分自身でやることは可能か?

決して不可能ではありません。ただし、不慣れな事柄や手続きなどに、かなりの時間や手間暇を要することになります。そこまでして、ご自分ですべてをやることの意義が果たしてあるのかどうかを考えた上で決めるべきです。そうでないなら、その道の専門家の協力を仰いだ方が賢明です。

>>回答を見る

Q:会社設立のオンライン申請は、どうすればいいの?

確定申告のオンライン化など近年の時流を受けて、株式会社設立もオンライン申請が可能になっています。ただし、その難易度は高め。実際に行う場合には、相応の手間暇をかけて行う必要があり、また一部の事柄は郵送なども必要で、すべてをオンラインで完結できるわけではありません。

>>回答を見る

Q:会社設立の発起人とは何をする人?

発起人とは会社設立にあたって、定款の作成や署名などすべてに責任を負う人のことです。1人以上であれば何人でも構いませんが、人数が多ければ、それだけ意見の対立なども起こりやすくなります。複数の発起人を立てる場合には、2~3名程度、身内や友人など信頼のおける人物とすることが好ましいと言えます。

>>回答を見る

Q:会社設立で用意しなければならない印鑑は?

会社設立の際には必ず用意しなければならないのは、「会社代表印(法人実印)」というものです。他の印鑑は法的には必要ありませんが、盗難や悪用といったリスクを回避するために、会社銀行印や会社角印(社印)なども揃えるのが望ましいと言えます。

>>回答を見る

Q:住所(本店所在地)はどうすればいい?

会社設立を行うにあたり、本店所在地の住所には制限や制約はありません。自宅をそのまま本店所在地にしてもOKですが、賃貸住宅の場合は要確認となります。また住所によって、社会的、ビジネス的な信用度も変わってくることに注意が必要です。

>>回答を見る

Q:登記申請の取り下げとは、どんな事態なのか?

登記所の審査官によって、申請書類に何らかの不備や記載ミス、間違いなどが発見された場合、簡単に修正できるような場合は「補正」という作業を行い、簡単に修正が効かないような場合は、一旦書類を「取り下げ」の上で、作り直しをする必要が出てきます。

>>回答を見る

Q:電子定款の作り方はどうすればいい?

会社の業務内容や運営などについて定めた規約である定款。近年では電子式のペーパーレスで作成することができ、それによって収入印紙代を節約することが可能です。ただし、ご自分でやるとなると設備代が節約分を上回ってしまいますので、業者へ依頼することが賢明です。

>>回答を見る

Q:会社設立に顧問税理士は必要なのか?

顧問税理士の仕事は大きくわけて「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の3種類。しかし、それぞれの分野が多岐にわたっており、社員の給与計算から役員報酬、さらに消費税の計算まで専門性が高いのが特徴。また、税務調査のさいの立ち会いなど、税務署関連に強い会社経営の根底を支える職業です。月々の契約費用が発生してしまいますが、煩雑な税金の計算などを確実にかつ委託できるというのは大きなメリットです。

>>回答を見る

Q:東京で受けられる起業助成金とは?

起業助成金は厚生労働省が担当していて、起業を具体的に計画している方もしくは起業してから5年以内の会社などが受けられる制度です。 助成金額は助成金の種類によって異なりますし、補助金と比べると低いものの融資と違い返済の義務はありません。 東京で受けられる起業助成金は、現時点でクラウドファンディング資金調達支援と創業助成金の2つの種類があります。 ただし、助成金というのは常に募集しているわけではないため、タイミングによっては申請準備が間に合わないのでこまめなチェックが必要です。

>>回答を見る

Q:会社設立を税理士にお願いするメリットは?

税理士は、文字通り税務の専門家。かつ、税務の相談や申請手続きは、税理士の独占業務です。会社設立に際し、また会社設立後に税務に関する相談が多くなりそうな方は、税理士に相談するのがベスト。顧問契約を前提にすると、会社設立費用も安くなります。

>>回答を見る

Q:会社設立を司法書士にお願いするメリットは?

会社設立におけるメインの業務は、法務局に対する法人登記。法人登記の申請代行までを行える士業は、法令上、司法書士のみです。当然、申請に関わる書類の作成代行も行なってもらえます。手間なく効率的に会社を設立したい方は、司法書士への依頼も検討しましょう。

>>回答を見る

Q:会社設立を行政書士にお願いするメリットは?

「街の法律屋さん」として、弁護士よりも身近な行政書士。官公庁に対する多彩な書類申請を代行してくれる、とてもフットワークの軽い士業です。法人登記の書類作成代行までを行っているので、登記申請のみ自分で行えば会社設立費用を節約することができます。

>>回答を見る

注目!顧問契約とセットでお得に申請!安心の会社設立代行会社おすすめ5選
注目!顧問契約とセットでお得に申請!安心の会社設立代行会社おすすめ5選