東京都内で信頼できる会社設立代行サービス【法人成り・起業家サポート完全ガイド】

東京で会社設立、サポート会社選びから心構えまで徹底調査!

必要書類と作成方法

会社設立、必要書類にはどんなものがある?

本ページは、会社設立における必要書類について、その種類やポイントとなる事柄などについて解説します。

定款の作成と認証

「設立前にやるべきこと」のページで紹介した各種の準備が完了後、まずは定款の作成と認証を行わなければなりません。定款とは、簡単に言えば会社経営に関する規約のこと。発起人全員の記名・押印、さらには会社所在地の都道府県内の公証人役場で認証の手続が必要となります。

出資金の払い込み

認証が済んだら、発起人の口座(金融機関)に出資金を振り込みます。これがいわゆる「資本金」となります。注意すべき点としては、必ず公証人の認証後に行うこと。公証人の認証前に振り込んだお金は、資本金とはみなされないため注意が必要です。

設立登記申請

その上で、次のステップとして、会社設立における必要書類の作成と申請になります。会社設立の目的や名称、役員などの詳細を、管轄の法務局に登記することで、原則代表取締役が出頭して申請しますが、代理人に委託することも可能です。必要な書類は以下になります。

定款

上記で述べた、公証役場で認証済みの謄本です。

払込証明書

定款に記載の資本金が、発起人によって所定の銀行口座に振り込まれたことを証明するための必要書類です。

登記申請書

会社名(商号)や本店所在地、登録免許税の金額や添付書類の一覧などを記載する書類です。

登録免許税納付用台紙

登録免許税は収入印紙で納付する方式で、この台紙に貼り付けて提出します。登録免許税は「資本金額の1000分の7」、その額が15万円未満なら15万円です。

取締役の就任承諾書

取締役に就任する者が提出しなければならないもので、定款作成日と役職名を記載し、就任を承諾した旨を記載します。

印鑑(改印)届出書

会社の実印を作成したら「代表者印」として印鑑登録を行います。その上で、法務局に対しても、印鑑を登録する必要があり、その書類が印鑑(改印)届出書です。

サポート会社でまとめて対応可能

会社設立のために必須となる書類を紹介しましたが、これらに加えて「場合によっては必要となる書類」というものもあります。例えば「発起人の決定書」「代表取締役の就任承諾書」「監査役の就任承諾書」「取締役全員の印鑑証明書」などです。一方、株式会社ではなく、合同会社の設立登記の場合は、より安価かつ簡単に手続きが可能となっています。

いずれの場合も、会社を設立する際に必要な書類の作成や手続きは、サポート会社の力を借りた方が正確かつスムーズに進められるます。

注目!顧問契約とセットでお得に申請!安心の会社設立代行会社おすすめ5選