東京都内で信頼できる会社設立代行サービス【法人成り・起業家サポート完全ガイド】

東京で会社設立、サポート会社選びから心構えまで徹底調査!

HOME » 会社設立の費用を徹底解説!必要な資金と利用できる給付制度 » 会社設立で利用できる補助金・助成金

会社設立で利用できる補助金・助成金

会社設立で受けられる補助金や助成金とは?

本ページでは、会社設立によって受けることのできる補助金や助成金について、メリットやデメリット、種類などを解説します。

補助金・助成金のメリットとは?

まず、補助金や助成金とはそもそも何か。補助金・助成金はともに、直接的・間接的に公益上必要があると行政機関が判断した項目や目的に対して交付される給付金を指します。そして一番のメリットと言えるのが、金融機関などからの融資は、当然ながら利益の中から返済していかなければならないのに対し、補助金・助成金は原則的に返済不要という点に尽きるでしょう。

補助金と助成金の違いとは?

なお、補助金と助成金は同じものとして混同されがちですが、厳密には違いがあります。補助金は限られた予算から給付され、また申請できる期間も比較的短いため、必ずしも受給できるとは限りません。一方、助成金は要件などが合えば受給できる可能性が高く、申請できる期間も比較的長期です。

そして、会社設立に関して受給できる補助金・助成金は、大きく分けると、経済産業省系、厚生労働省系、自治体系、その他に分けられます。

経済産業省系

  • 創業・第二創業促進補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • ものづくり補助金

厚生労働省系

  • キャリアアップ助成金

自治体

  • 融資の利子補給
  • 信用保証料補助
  • 店舗の家賃補助
  • ホームページ作成費用補助金
  • 展示会出展費用補助金 など

その他

  • 大手企業や財団、政府系金融期間などが実施する、起業家への補助金・助成金制度など

なお、補助金・助成金を受ける上で注意しておくべきは、補助金も助成金も、原則として「後払い」という点です。仮に申請して給付が認められたとしても、直ちに現金が支給されるということではありません。例えば年間上限200万円の助成金の場合、実際に使用した経費の内訳を報告の上、確認されて初めて受け取ることができるといった具合です。このことはしっかりと認識しておく必要があります。

専門家への事前相談で有効活用すべき

上記の通り、補助金・助成金制度は、なにより返済不要という大きな魅力があるものですが、デメリットも存在しています。また、ご自身の設立する会社に申請する資格に適合しているかどうかもチェックしなければなりません。もちろん、どのタイミングで申請できるかも重要です。会社設立のサポート会社では、補助金や助成金に関する専門家に相談することが可能な場合が多いため、情報提供や助言を求めてみるのが賢明です。

注目!顧問契約とセットでお得に申請!安心の会社設立代行会社おすすめ5選