東京都内で信頼できる会社設立代行サービス【法人成り・起業家サポート完全ガイド】

東京で会社設立、サポート会社選びから心構えまで徹底調査!

HOME » 90%が失敗!10年以上続く会社設立の秘訣

90%が失敗!10年以上続く会社設立の秘訣

事例から学ぶ、会社設立に失敗しない方法とは

本カテゴリーでは、会社設立における失敗の事例を参考にしながら、設立前にすべき対策や専門家に相談すべきことなどを紹介します。

10年続く会社は一握り

いささか出鼻をくじくような物言いをしてしまいますが、ベンチャー系の企業や起業家により新規に立ち上げられた会社は、実にその90%が、設立から10年以内で倒産してしまっているというデータがあります。もちろん、その理由は様々ですが、端的に言ってしまえば、ビジネスに対する計画や見通し、各種の対策が甘く、不十分であるということにつきます。そうした轍を踏まないためにも、失敗してしまう要因を予め理解しておき、十分に対策や準備をしておくことが大切です。

商品やサービスの需要と質の見極め

会社が失敗する最大の原因は、提供する商品やサービスが「売れない」ということにつきます。それこそ、単なる思いつきで思慮の浅い製品やサービスが継続的に売れるほど、今の世の中は甘くありません。

収益性やビジネスモデルの思慮不足

当然ですが、会社というものは利益を上げなければ倒産します。利益率をどのように高めるのか、新しい顧客をどのように獲得していくのか、販売コストを上回る収益性があるのかといったことをおざなりにしてしまうと、倒産のリスクは高まります。

資金の調達能力の問題

社長というものは、自社で使える現金を常に把握しておき、必要とあれば資金を調達する能力がなければなりません。そのためには、投資家やベンチャーキャピタルが投資をしたいと思えるビジネスモデルを確立・拡大していかなければなりません。

いかがでしょうか?客観的に見れば当たり前のことですが、いざ自分が起業の当事者になると、視野狭窄に陥ってしまい、こうしたことが疎かになるというのは、よくあるパターンなのです。会社を立ち上げる、起業をするという方は、こうした点に細心の注意と配慮が必要だということを、肝に銘じておいてください。

専門家への相談が成功の秘訣

上記のような根幹的な部分以外にも、手続き上の不備や失敗によって、業績に大きなダメージをもたらすというパターンもありえます。例えば有力な取引が内定していたのにも関わらず、会社設立に手間取ってしまいご破算になってしまった。事業拡大のチャンスがあったものも、その許認可を受け直す手間がかかった。投資を受けられることになったものの、1株発行しかしておらず、株式分割の手間がかかってしまったなどなど。こうしたことは、その道のプロである、会社設立のサポート会社に相談すれば、回避できたものです。こうした点からも、専門家が在籍している会社設立サポート会社への相談が重要なポイントとなります。

注目!顧問契約とセットでお得に申請!安心の会社設立代行会社おすすめ5選